連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
大人の人間とほとんど変わらない大きさ!(山奥暮らしのシュシュさん提供)
拡大
大人の人間とほとんど変わらない大きさ!(山奥暮らしのシュシュさん提供)

「4ヶ月にして25キロ」

生まれたばかりにして25kgという巨体に成長したワンちゃんがSNS上で大きな注目を集めている。自分とほぼ変わらない大きさのワンちゃんを抱きかかえるこの写真を投稿したのは、飼い主の「山奥暮らしのシュシュさん」(@chouchou_the_g)。

4ヶ月というと犬でもまだまだ子供のはずなので、このまま成長するとこのワンちゃんは果たしてどれくらい大きくなるのだろうか…。山奥暮らしのシュシュさんの投稿に対し、SNSユーザー達からは

「ピレニーズですかね?
近所のお友達のピレ君が55キロくらいで、じゃれる時は人間が必死ですw」

「人間がその重さになるのに10年くらいはかかると言うのに…
大きいけどまだ甘えたい盛りといった感じですね!」

「か、可愛い~!!︎
うちも生まれて8ヶ月目で40キロです!
まだまだ育ちそう、、、」

など数々のコメントが寄せられている。

山奥暮らしのシュシュさんにお話をうかがってみた。

中将タカノリ(以下「中将」):大きいけど可愛らしいワンちゃんですね!このワンちゃんのプロフィールをお聞かせください。

山奥暮らしのシュシュ:chouchou (シュシュ)という生後4ヶ月の女の子で、犬種はグレートピレニーズです。寂しがり屋なおてんば娘です。

中将:飼い始めた頃のシュシュちゃんのサイズはどれくらいだったのでしょうか?

山奥暮らしのシュシュ:初めてブリーダーさんのお宅で会った頃は、3キロほどでトイプードルと変わらない大きさでした。お家に迎えた頃は、生後2ヶ月で8キロほどでした。

 中将:シュシュちゃんの成長ぶりについてご感想、ご感慨をお聞かせください。

山奥暮らしのシュシュ:はじめて飼う超大型犬で、成長の速さに驚いております。たった1週間で1キロは成長するので、あれ昨日より大きくなってる?と日々感じております。

中将:これまでのSNSの反響へのご感想をお聞かせください。

山奥暮らしのシュシュ:子犬には見えない大きさに、皆さんも驚かれるのだなと感じました。

◇ ◇

グレートピレニーズはもともと家畜を守る番犬として飼われた犬種で、メスでも大きなものになると50kgをゆうに超えるらしい。今後のシュシュちゃんも大きく元気に育ってくれるよう願いたいものだ。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)

2021/10/13
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ