連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
大きな耳と大きな目が可愛らしい
拡大
大きな耳と大きな目が可愛らしい

■置き去りにされた子猫たち 

ホームズくんは、山口県のとあるコンビニが閉店し、その裏手に捨てられていた。そこに猫を捨てに来る人が後を絶たず、野良猫が増えていったという。そこにはもう1匹人懐っこい子猫がいて、隣に住んでいたAさんは、2匹の子猫の様子をボランティア仲間と見守っていた。

元コンビニの隣にはレストランがあり、そのレストランに用事で来た猫好きの女性が、「かわいそうだ」と言って、人懐っこい方の猫を連れて行った。Aさんはその女性に「もう1匹いますけど…」と声をかけたが、「1匹しか無理~」と立ち去ってしまった。「1匹では生きていけない」と思い、2019年10月5日、ホームズくんを保護した。

■愛着がわいて手放せない

Aさんがホームズくんを保護した理由はもう一つあった。譲渡会に来た人が「子猫が欲しい」と言っていたので、もらってくれると思って思わず保護したのだという。ところがその人はホームズくんをもらってくれなかった。ホームズくんを譲渡会に出した。

ホームズくんを2回目の譲渡会に出す頃には愛着がわいてきたが、里親希望者が現れた。まだ正式に申し込まれたわけではなかったが、「もう一度譲渡会に出したら里親が決まってしまうかもしれない」。そう思ったAさんは、ホームズくんを迎えることにした。

「統合失調症で精神障害2級の娘がいるので、あまり人と上手に関われなかったのです。娘のためにもホームズを迎えたいと思いました。夫は猫嫌いなんですが、私の親から夫に頼んでもらい、断れなくしたのです(笑)」。夫は猫が大嫌い。そのため夫がいる時はホームズくんは2階にいる。夫の姿を見るとホームズくんは逃げていく。

■物静かな相棒

犬やハムスターも飼っているが、娘さんは動物たちにとても好かれていて、ハムスターも後をついてくる。ホームズくんと仲良くなるのに時間はかからなかった。娘さんはホームズくんのご飯やトイレなど、何から何まで自分で世話をしている。物静かな娘さんとベタベタしないホームズくんは相性が良く、程よい距離を保って生活しているという。

「昔はすぐに寝込んでいた娘も、ホームズの世話をするようになり、明るく笑う日が増えました。幻聴や幻覚も少なくなって、猫の知り合いとも、少しずつ話せるようになりました」。動物たちのおかげで少しずつ元気を取り戻した娘さん。動物たちの絵を描いたポストカードの販売もしているそうだ。

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)

2021/10/16
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 40%

  • 14℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ