連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
「看板犬ランキング」で2位となった、エンゼルフォレスト那須白河「ジーナ」(提供画像)
拡大
「看板犬ランキング」で2位となった、エンゼルフォレスト那須白河「ジーナ」(提供画像)

旅行に行くと、宿泊先でかわいいワンちゃんが迎えてくれることってありませんか? そんな「かわいい!」「会いたい!」と思う「宿自慢の看板犬」について、2021年版のランキングが発表されました。旅行予約サービス「楽天トラベル」が調べたもので、今年のランキングには全国52の宿泊施設から看板犬がエントリー。楽天会員9200以上の投票によって決定しました。上位の結果は以下の通りです。

▽1位 神奈川県・箱根強羅グアムドッグ本店「ハファダイ」

1位は、神奈川県「箱根強羅グアムドッグ本店」のラブラドールレトリバー「ハファダイ」。2017年以来4年ぶりの1位獲得となったそうです。名前の由来はグアムの言葉で「こんにちは」を意味しており、お客様のお出迎えが得意な笑顔あふれる看板犬といいます。13匹いる同施設の看板犬の中ではいたずら好きな性格といい、年下の看板犬達の育児教育係としても日々奮闘しているそうです。

同施設には、愛犬専用の大涌谷源泉濁り湯の露天風呂や、ナイターを完備した室内外4つのドッグランが設けられているほか、愛犬との記念写真のサービスなどが好評で、「わんちゃんゲスト最優先」の「愛犬家御用達旅館」として人気を集めています。

▽2位 福島県・エンゼルフォレスト那須白河「ジーナ」

2位には、3年連続で福島県「エンゼルフォレスト那須白河」の「ジーナ」がランクインしました。今年で4歳になり、初受賞の頃から大きく成長しているジーナは、白いふわふわとした毛並みが特長のグレートピレニーズ。施設内をお散歩するジーナの姿が愛くるしいと人気を集め、ジーナに会いに再訪する旅行者も多くいるのだそうです。

同施設には、独立したプライベートドッグラン付きのコテージや、敷地面積が東北最大級のグランピングサイトなど、広大な自然を活かして客室タイプも多く、飼い主も愛犬ものびのびと滞在を楽しむことができそうです。また客室タイプにより最大6匹まで一緒に宿泊することができる点も人気を集めています。

▽3位 栃木県・那須温泉 ホテルエピナール那須「こなす」

3位にランクインしたのは栃木県「那須温泉 ホテルエピナール那須」のゴールデンレトリバー「こなす」。お散歩とボール遊びが大好きな元気いっぱいの女の子だそうです。「看板犬ランキング」では、2016年のデビューから6年連続でTOP3の座をキープし続けており、不動の人気を得ています。

「那須温泉 ホテルエピナール那須」では、本館と離れた位置に6室のみのテラス棟(ペットホテル棟)を設け、専用のフロントや駐車場を利用できたり、旅行の際に便利な愛犬グッズを多数揃えていたりすることから、気兼ねなくかつ快適な滞在ができると人気を集めています。

   ◇   ◇

また、4位には、大阪府「HOTEL 3O’CLOCK TENNOJI」の「オレオ店長」、5位には静岡県「愛犬と泊まる美食と露天風呂の宿 モルゲン」の「すず」がランクインしました。

2021/11/19
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ