連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
ピラティスのマシン・リフォーマーの上でくつろぐサン
拡大
ピラティスのマシン・リフォーマーの上でくつろぐサン

 心や身体を正常な状態に整え、シェイプアップや姿勢改善、運動不足解消にもいいと人気のピラティス。兵庫県揖保郡太子町にあるピラティス専門スタジオ「PILATES otto(オットー)」では、代表でインストラクターの福本美佳さん(41)の飼い猫、スコティッシュフォールドの「サン」(オス、6歳)がレッスンをそばで見守り、「もうひとふんばりニャ!」といわんばかりに生徒たちを励ましている。今は元気なサンだが、実は「2ヶ月の間に2度も大手術を受け、重篤なときもあった」という。福本さんにサンとの出会いや病気ことなどについて聞いた。

◇ ◇

 2015年ごろ、この仕事を本格的に始めてしばらく経ったとき、生徒さんの中で猫を飼っている方がいて、私も育ててみたいなと。特に猫種にこだわりはなかったのですが、ペットショップへ行くと、私がのぞくたびにそばまでやってきて、クリアボードにぴったりと身を寄せる子がいたんです。誰にでもそうしていたのか、私にだけなのかはわかりませんが、3度通いつめて、毎回同じようにそばに寄ってくるので、なんて可愛いのと、その子に運命を感じてしまって。それがサンでした。

 当時の私は結婚願望が全くなかったんですよ(笑)。でも、サンと一緒に暮らし始めたら、猫ってこんなに可愛いんだ、もし自分に子どもができたらもっと愛おしいんじゃないかなって思ってしまったんです(笑)。それで結婚したいという気持ちが高まって、2年後に縁あって夫と結婚。2019年1月には待望の長男を授かりました。

 息子が生まれて、夫も両親も大喜び。私も幸せでした。でも、サンにとってはそうでもなかったようなんです。というのも、それまでサンは家族みんなから「可愛いね」などと言われ、愛情を独り占めしてきたのに、息子が生まれると家族の注目は赤ちゃんの彼に集中してしまったからです。

 産後、しばらく実家に里帰りしていたんですが、部屋で夫と息子と過ごしていたら、サンは遠慮して、部屋の扉の外にいるんですよ。夜も、それまでサンは必ず私の右脇腹に入ってきてフミフミし、そこで寝るのが定位置だったんです。でも、息子がそこを陣取るようになると、割り込みを試みるも入れず、結局諦めて私の左脇腹へ。心なしか羨ましそうに息子のことを見ているときもありました。

 そうして1ヶ月が経ったころ、サンのおしっこに血が混じっているのに気づきました。息子は毎晩、大声で泣き、なかなか寝ついてくれない子だったんですよね。私も育児に追われ、サンにかまってあげることができませんでした。原因はわかりませんが、もしかしたらそういったことがストレスになったのかもしれません。慌てて専門医のいる病院へ連れて行くと、血尿の原因は尿管結石(尿石症)との診断。尿管結石摘出手術をしなければいけなくなったんです。 

 無事に手術は終わりましたが、2ヶ月後、今度は腎結石を患い、腎結石摘出手術をすることに。息子はすくすく順調に育ち、私たち家族は幸せいっぱいなのに、一方でサンの病状は悪く、2ヶ月という短期間のうちに2度も手術…。なんだか不運なことを全部サンが請け負ってくれているような気がして、サンに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 手術前後の各1週間はサンを病院に預けなければならないのですが、私は毎日欠かさず面会に通いました。夫と私と息子が写った家族写真を、サンがいる病院のケージの中に貼ってほしいと病院の人にお願いして、貼ってもらいました。少しでも寂しい思いをしてほしくない、私たちはいつも一緒にいるよ、と伝えたかったんです。

 幸い、二度目の手術もなんとか終わり、退院して病院から家に戻ってきたとき、居心地よさそうにくつろいでいたサンの姿は忘れられません。幼い息子を実家の両親に預けたり夫が家事を手伝ってくれたりと、家族の協力や支えがあったからこそ、毎日お見舞いに行って励ますことができたし、サンが辛い時期を一緒に乗り越えられたと思います。

 ピラティスの魅力は、心や体を正常に整え、生きる活力を最大限引き出してくれること。スタジオには、シェイプアップ、運動不足解消、姿勢改善などを目的に来られている生徒さんが多いですね。レッスンをしていると、サンは生徒さんがやっているのをそばでじっと見ています。ちょっとつらい運動をしたときなど、生徒さんは「“サン先生”を一度見て癒されてから、もう一回頑張ろう」と言って張り切っています(笑)。

 もしサンと出会っていなければ、私は今も独身だったかもしれませんね。私にとってサンはパートナーであり、気持ちを和らげてくれる存在。動物が持つ独特の純粋さ、ピュアさ、無償の愛というんでしょうか。それらが安心に繋がり、心の支えになっています。これからも元気でいてくれるよう、日々の食事や投薬の管理、体調の変化などにしっかりと気を配っていきたいと思っています。

(まいどなニュース特約・西松 宏)

2021/12/24
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 50%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 4℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ