連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
天神橋筋商店街すぐにあるタルタルマニア
拡大
天神橋筋商店街すぐにあるタルタルマニア

 カキフライやフィッシュバーガーを食べていて「ああ、もっとタルタルソースがほしい!」と思ったことはないだろうか。筆者はある。こんな少しではなくもっともっと食べたいといつも思う。そんなタルタルソース好きにぜひお知らせしたいタルタルソースが主役のお店がある。その名も「タルタルマニア」(大阪市北区天神橋3)。今年8月のオープン以来、タルタル好きだけでなくタルタルソースがメインというユニークさで話題となっている。

 ことの発端はこうだ。もともと15年前から大阪市内で「炭焼地鶏 鳥健」というお店を2店舗経営していた株式会社TORIKEN代表取締役の木田和樹さんが言う。

 「お店でチキン南蛮を出していた際、それに使っているタルタルソースが常連さんに好評で。これを使って何かできないかという構想を長く持っていました。

 昨年、寿司屋やFCの焼肉店といろんな業態をやっていくうちに自社オリジナルで、自分たちらしさを出した新業態をやりたいという思いが強まり、味だけではなく空間が楽しくてSNSで拡散することも楽しめるお店をと考え、思い切ってタルタルソースで挑戦することに決めました」

 看板メニューは「タルタルクリスピー」。小麦粉をベースに二重構造で作られたクリスピーコーンを注文を受けてから揚げ、後からタルタルソースを充填するという、まさにタルタルソースをそのまま食べる一品だ。

 「最初は鶏肉の中にタルタルソースを入れて揚げる”逆チキン南蛮”を考えたのですが、タルタルソースは揚げると溶けてしまう。ゼラチンで固めたり、凍らせたりとトライしたものの、難しく試行錯誤していた中でやっぱりタルタルソースがおいしいねとなって。

 お店の名前もその時にもうタルタルマニアにしようと決まっていたので、もうタルタルソースを主役にしようと考え、今の形に行き着きました」

 揚げ物を1本食べ終えるという過程を大事に、味や食感、1本食べきれるためのサイズ感にこだわって研究し、完成までに1年を要したそうだ。

 タルタルソースは焼鳥店のレシピをベースにしたあっさり味。卵感を強めるため、白身を大きく切ってごろっとした食感があり、油×油という1品だが、意外とぺろっといただける。

 味はタルプレーン、タル麻辣、タルがっこ、タルめんたい、タルカレー、そして12月21日に登場したタル紅しょうが(これイチ押しです!)の6種類があり、値段は280円から300円。大分県産の卵黄卵を使ったり、麻辣はラー油から作ったりと素材にも力を入れている。

 また、メニューは他にチキン南蛮やバーガー、サンドイッチ、パスタなどもスタンバイ。特に福島区の「じゃぱん」というパン屋さんで特別に焼いてもらっているもちもちバンズがおいしいと好評のタルタルフィッシュバーガーが1番人気だ。使用するタルタルソースには卵1個を加えてさらに食べ応えのあるものになっていて、白身魚のフライとジンジャーソース、タルタルソースが絶妙に相まっておいしい。

 「最初は20代をターゲットにしていましたが、オープンしてみると意外と30代40代の方が多い。それに男性1人でお越しになる方も多いです」と木田さん。今は小さいお子さんから年配の方まで性別問わず幅広い年代の方が訪れている。

 内観、外観は床とテーブル以外白色で統一され、そこここにいるキャラクター「タタ&ルル」のイラストがかわいらしい。木田さんの奥様のお姉さんが描いたというキャラクターは缶バッジやショップカード、シールに使われていて、LINEスタンプも人気だ。

 タルタルソースを揚げたこと、キャラクターのかわいさなどからオープン後SNSで話題になった同店。確かにテイクアウトのパッケージや店内のトイレや入り口の鏡といったところにキャラクターを潜ませ、自然と撮影したくなる要素も作っている。

 またInstagramのグルメ専門のインスタグラマーたちが独自に来店して情報をアップされたことも大きかったと木田さん。SNSではタルタル部というコミュニティが注目してコメントをくれたり商品について質問を受け付けたりと開発にも生かしている。キャラクターの名付け親もInstagramで募集して神奈川県の方のものが採用された。

 社員として働く木村優花さんもSNSがきっかけ。もともとタルタルソース好きだった木村さんが昨年6月に心斎橋パルコでのポップアップストアを訪れて写真をInstagramにアップしたところ木田さんがそれを見てコメント。就活中だった木村さんをアルバイトに誘って働くようになり、仕事の楽しさから木村さんは入社を申し出た。

 「当時社員が全員男性でこれからは女性の声も必要だと思っていたのでぜひと社員になってもらいました」と、タルタル好きが人材まで呼び寄せたと木田さんも驚く。木村さんも「タルタルソースはいくら食べても飽きない。Instagramありがとうって感じです」と、うれしそうに話してくれた。

 「今後はクリスピーを2~3カ月に1個は出して種類を増やしたい。それも店名のマニアを極めるようなマニアックな味も出していきたい」と木田さん。他に、大学生とコラボレーションしての商品開発や来年1月中旬から夜の時間帯を使って違う楽しみを提案することなどを計画中だ。

 ちなみに、おりしも今日はクリスマス。12月25日まで、チキンにタルタルクリスピーの衣をつけたクリスマス限定クリスピーチキン1本300円(税込)を売り切れごめんで発売中。別売りのディップソースを別で買って思い切りタルタルクリスマスが楽しめる。まだまだ外出も気になるご時世、お家でタルタルソースを存分に味わってみてはいかがだろうか。

(まいどなニュース特約・藤原 玉美)

2021/12/25
 

天気(1月23日)

  • 6℃
  • 3℃
  • 60%

  • 7℃
  • -3℃
  • 30%

  • 6℃
  • 3℃
  • 60%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

お知らせ