連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
のどの辺りをコショコショされて、右足も一緒に動かす茶トラ猫ちゃんが話題に。自分でかいてるつもり?(「こたぽん」さん提供、twitterよりキャプチャ撮影)
拡大
のどの辺りをコショコショされて、右足も一緒に動かす茶トラ猫ちゃんが話題に。自分でかいてるつもり?(「こたぽん」さん提供、twitterよりキャプチャ撮影)

「自分で搔いてるつもり」とつぶやき、愛猫の動画を投稿した飼い主の「こたぽん」(@kotapom76)さん。そこに映っていたのは、右側ののどの辺りをコショコショされて気持ち良さそうにしている茶トラ猫ちゃん! どうも、後ろの右足も一緒に動いていますが・・・もしかすると、自分でコショコショ掻いているつもり?

そんなコショコショに合わせて後ろの右足を動かす茶トラ猫ちゃんの姿に「届いてない!」とツッコミを入れる人たちが続出。動画に釘付けになった人たちからたくさんのコメントが寄せられています。

「猫ほっぺは後ろ足と連動?」
「届いてないです」
「全然届いてないしぃ(笑)しかもピクピクッて感じで、届いていてもかけてないかもぉ(笑)」
「面白い」
「後ろ足の動きが笑えます」
「『そこそこニヤニヤ笑う猫あー届いてよかった』って聞こえてきます」
「ホントに気持ちよかったんだね」
「夢の中では」
「うちの猫も良くやりますよ」
「ねこ、あるあるですね」
「ワンコもするのよね~、あ~可愛い」

■コショコショされると、どうして足が動くの?

思わず後ろの右足を動かしてしまった猫ちゃんは、元保護猫のこたろうくんといいます。11歳くらいの男の子です。どうしてこたろうくんは、コショコショされると足が動いたのでしょうか? 動画を撮影したときのことを。飼い主のこたぽんさんにお話を伺ってみました。

--のどの辺りをコショコショされたこたろうくん。撮影時は、寝ていたのでしょうか?

「撮影時は寝てはいませんでしたが、リラックスしてゴロンと寝っ転がっていた状態でした。いつもこのリラックスタイムに子供がモフモフしたり全体をなでたり、今回のようにのどの辺りをコショコショしたりしていました」

--お子さんが右側ののどの辺りをコショコショしていたんですね。すると、こたろうくんの後ろの右足がピクピクと・・・。

「はい。私がのどの辺りをコショコショしても足は動かないのですが・・・小学生の子供がコショコショすると必ず動くんです。力加減の問題でしょうか? いつも子供は自由自在に操っています(笑)」

--お子さんがコショコショするときだけ動くんですね。

「そうです。右側を上にしてゴロンしているときは、右側ののどをコショコショすると右側の足が動きます。逆に左側を上にしてゴロンしているときは、左側ののどをコショコショすると左側の足が動きます」

--面白いですが、不思議ですね。

「私たちは、コショコショしたところを『そこそこ!』みたいな感じで自分が掻いているつもりになっているのかな~と思っていました。でも、ツイートを見た方が、『反射』ではないか、とコメントくださった方がいました」

--なるほど。動物が刺激に反応して体の器官の一部を反応させたときの「反射」行動だというわけですね。

「はい。今回子供がコショコショすると必ず足でカキカキする動作が面白く、Twitterを始めてこの様な投稿を見たことがなかったのと、他の猫ちゃんはやらないのかな?と思い投稿してみました。実際に投稿したら、『うちもやります』『反射だと思う』というコメントがいくつかありましたので。他の猫ちゃんやワンちゃんもやるということが分かり、勉強になりました!」

--ところで、動画の撮影後、カキカキしていたこたろうくんはどうなりました?

「この動作のあとは、ゴロンしたままリラックスして、そのままウトウトしていましたね」

--きっと、お子さんのコショコショが気持ちよかったでしょうね。そんなこたろうくんですが、普段はどんな猫ちゃんなのでしょう。

「性格は、とても人懐っこく穏やかでママの膝の上が大好きな甘えん坊です。この家に来てからは一度も『シャーッ!』と怒ったり、かみついたりしたことがありません。家に小さな子供が遊びに来ても、隠れることなく、自分から近づいたり、触らせてくれます。また、食べることが大好きな食いしん坊でもあります」

■保護された時は、尻尾の毛もないほどボロボロだった

こたろうくんは、飼い主さんの知り合いで静岡県内にあるお寺の住職さんに保護されたとのこと。保護時はダニによるかいせんという皮膚病で尻尾の毛もないくらいボロボロの状態で弱っていたそうです。猫エイズが陽性で、お寺の周りでは、こたろうくんを家族に迎えてくれるところが見つからなかったため、知人で動物好きな飼い主さんのところにこたろうくんを飼ってもらえないか相談があったといいます。飼い主さんは「外で過酷な生活をしてきたこたろう。残りの時間をゆっくり楽しく過ごしてもらいたいと思い、家族に迎えることにしました」と話してくれました。

(まいどなニュース特約・渡辺 晴子)

2022/1/7
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 50%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 4℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ