連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
お家に来て1週間のとろろくん
拡大
お家に来て1週間のとろろくん

■子猫5匹、公園で身を寄せ合う

とろろくん(4歳・オス)は、岡山県の大きな公園にいた。兄弟はとろろちゃんを入れて5匹だった野良猫が産んだのか、捨てられたのかは分からない。保護した人が、犬や猫のシェルターに相談したが、当時はいっぱいで受け入れできず、巡り巡って別の保護施設に預けられた。

■思い出のキジ白猫

岡山県に住むTさんは、生まれてからずっと実家に猫がいた。いつか一人暮らしをしたら猫を飼うというのが夢だった。職場の同僚で、猫の保護施設でボランティアをしている人がいたので、「猫を飼いたい」と日頃から話していたという。猫の飼える物件を契約した後、2019年9月14日、保護施設に行ってみた。そこで出会ったのがとろろくんだった。

シェルターにはたくさんの猫がいたが、Tさんはキジ白のとろろくんを選んだ。Tさんは学生の時、2匹子猫を保護したことがある。1匹はキジトラ猫で、目はぐちゃぐちゃ。連れて帰っても死にそうだった。その子は今でも実家で飼っているという。もう1匹は、健康状態もよく、すぐに友達の親戚が里親になってくれた。

「友達の親戚が里親になってくれた猫が、とろろくんと同じキジ白だったので、もし保護施設で猫を選べるなら、キジ白を飼いたいなって思っていました」

■大切な相棒

その後、とろろくんを迎え、特に問題もなく新しい環境になれてくれた。ただ、最初のころ外出する時にケージに入れていた。そういうときは、とろろくんは、「ケージから出せ~、出せ~」と鳴いた。

「そんな姿を見ていると、外出していてもとろろの様子が気になって仕方なくて、落ち着きませんでした」

とろろくんは、猫だけど犬っぽい。どんな時でもそばにいてくれるという。穏やかな性格で甘えん坊。猫用おやつのカニカマをこよなく愛していて、Tさんのお腹の上で寝るのが大好きだ。

「飼うと決めた日に絶対に幸せにすると思いました。でも、とろろは私を何倍も幸せにしてくれました。大切な大切な相棒です」

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)

2022/7/11
 

天気(8月16日)

  • 33℃
  • 29℃
  • 30%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

  • 35℃
  • 29℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

お知らせ