教育

教えて先輩

(12)漁師  山本章等さん(55)  伝統のタコ漁にやりがい/海の保全や魚介PRにも力
  • 印刷
水揚げしたタコを掲げる山本章等さん。いったん手前のおけに入れ、元気にさせる=明石沖の播磨灘
水揚げしたタコを掲げる山本章等さん。いったん手前のおけに入れ、元気にさせる=明石沖の播磨灘

 祖父も父親も漁師で、明石沖(おき)でタコなどをとっていました。地元の高校を卒業して大学の電子工学科に進学した時は、漁師になるつもりはありませんでしたが、だんだん考えが変わりました。

 明石では弥生(やよい)時代からタコつぼを使った漁が行われていました。大昔から引きつがれてきた仕事を、自分がするのも悪くないなと思いました。21歳(さい)で大学を中退し、本格的に海に出ました。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2011/7/24
 

天気(7月3日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

お知らせ