教育

教えて先輩

(28)ホテルマン 鍋嶋正幹さん(36)  「ありがとう」の言葉が励み/一歩進んだサービスを心がけ
  • 印刷
フロントで観光案内する鍋嶋正幹さん。ホテル周辺の地理だけでなく、おいしい洋菓子店などの情報も詳しい=神戸市中央区波止場町5、神戸メリケンパークオリエンタルホテル(撮影・岡田育磨)
フロントで観光案内する鍋嶋正幹さん。ホテル周辺の地理だけでなく、おいしい洋菓子店などの情報も詳しい=神戸市中央区波止場町5、神戸メリケンパークオリエンタルホテル(撮影・岡田育磨)

 学生時代、飲食店のアルバイトで接客した経験が、サービス業に就(つ)きたいと思ったきっかけです。より質の高いもてなしが提供(ていきょう)できると考え、ホテルに就職しました。最初の勤務先(きんむさき)では、お客さまの荷物を運ぶベルボーイや宿泊(しゅくはく)業務を担当するフロント、宴会(えんかい)の給仕などを経験しました。

 格式あるサービスを学ぶうちに、リゾートホテルでのフレンドリーなもてなしにも興味が湧(わ)きました。大学での留学経験で身につけた語学力を生かし、2002年にタイ・サムイ島のリゾートホテルに転職。日本人旅行客を中心に、宿泊予約(よやく)や観光案内などを幅広く担当しました。あるお客さまに「鍋嶋さんがいる限り何度でも来ます」と言われたことが、今も心に残っています。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2012/4/1
 

天気(7月3日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

お知らせ