教育

教えて先輩

(52)電機メーカーエンジニア 宗平浩明さん  光ケーブルで世界つなぐ/あらゆる技術を集め、製品に
  • 印刷
光海底ケーブルの通信状況確認装置の前で業務に当たる宗平浩明さん=尼崎市塚口本町8、三菱電機コミュニケーション・ネットワーク製作所(撮影・宮路博志)
光海底ケーブルの通信状況確認装置の前で業務に当たる宗平浩明さん=尼崎市塚口本町8、三菱電機コミュニケーション・ネットワーク製作所(撮影・宮路博志)

 インターネットやテレビの海外中継(ちゅうけい)、国際電話などの「国際通信」。現在、その99%が世界中の海底に張り巡(めぐ)らされた光ファイバーケーブルを通じて行われています。通信会社向けに、その仕組みを設計・提案する「光通信システムエンジニア」の仕事をしています。

 子どものころから理科が好きで、トランジスタやモーターを使った工作を楽しんでいました。大学は工学部へ。講義で、光の性質を使って情報を伝える「光通信」を知りました。インターネットはまだ普及(ふきゅう)していませんでしたが、将来性(しょうらいせい)を感じ、大学院で専門的(せんもんてき)に学ぶことにしました。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2013/11/3
 

天気(7月3日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

お知らせ