連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

地域共生プロジェクト

  • 印刷
握手を交わす朝来市の多次勝昭市長(左)と神戸新聞社の高士薫社長=22日、旧木村酒造場EN(撮影・金居光由)
拡大

握手を交わす朝来市の多次勝昭市長(左)と神戸新聞社の高士薫社長=22日、旧木村酒造場EN(撮影・金居光由)

握手を交わす朝来市の多次勝昭市長(左)と神戸新聞社の高士薫社長=22日、旧木村酒造場EN(撮影・金居光由)

握手を交わす朝来市の多次勝昭市長(左)と神戸新聞社の高士薫社長=22日、旧木村酒造場EN(撮影・金居光由)

 兵庫県朝来市と神戸新聞社がまちづくりに関する連携協定を結んだ22日の調印式。会場となった同市和田山町竹田の観光施設「旧木村酒造場EN」で、高士薫社長は「従来の『伝える』『つなぐ』役割に加え、当事者として地域に力添えさせていただきたい」と話し、国史跡・竹田城跡の城下町周辺に事務所を設ける考えを明らかにした。

 事務所は3月に発足した神戸新聞パートナーセンターの地方拠点とし、人口減などの課題に市当局や住民らと取り組む。但馬総局朝来支局を中心とした市内の取材網は維持する。

 多次勝昭市長は「朝来の元気をどう取り戻し、どう発揮するか。共に考えたい」と述べた。高士社長は「地域の課題を座視できない。取り組みを他地域にも普遍化させたい」と応じた。同社は27日、竹田城跡の冬季の在り方を考える「竹田地域ビジョン会議」を同市で開く。住民や経済団体、交通事業者など計三十数人が議論する。

(竹本拓也)

2015/4/23

天気(10月25日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 10℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ