連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

地域共生プロジェクト

  • 印刷

 兵庫県朝来市は、国史跡・竹田城跡のある和田山町竹田地域の観光について協議する「竹田地域ビジョン会議2」を16日から同市内で開く。市内観光で城跡に頼る割合が高い現状や冬季の閉山期間を踏まえ、地元組織や観光、経済団体など約50人が「城跡だけに頼らない観光」をテーマに考える。

 今年4~7月、城跡の冬季利用について話し合い、今冬の閉山期間短縮を決めた会議の第2弾。竹田地域の町歩きに主眼を置く「観光ルート」▽食のブランド化などを考える「グルメ」▽マップ作成や情報発信を担当する「広報・PR」-の三つのテーマを設定。それぞれ分科会を設け、議論した内容を全体会で審議する。

 会議は月1回程度開き、来年2月に提言にまとめる。学識経験者に神戸大、関西学院大、甲南大の各教授を招き、神戸新聞パートナーセンターが議事進行などコーディネーターを務める。

 第1回会議は午後2時から、同市和田山町の竹田地区市民会館で。傍聴可。(長谷部崇)

2015/10/15

天気(9月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ