時計2015/12/16

タブレット使い郷土新聞 西脇・西脇小 宍粟・都多小 ネットで披露

西脇小児童が、ICTを活用した新聞製作を都多小児童に説明した=15日、西脇市西脇 西脇小児童が、ICTを活用した新聞製作を都多小児童に説明した=15日、西脇市西脇

 神戸新聞社提案の総務省モデル事業で、情報通信技術(ICT)を活用して郷土愛を育む授業が15日、西脇市立西脇小学校と宍粟市立都多(つた)小学校であった。タブレット端末を使うなどして作った新聞を、インターネット上で見ながら意見交換。互いの反応が映像で伝わり、距離を感じさせないやりとりを楽しんだ。

 NTTドコモと電通が協力。両校児童は10月以降、本紙社員から記事の書き方などを学び、地元の産業や歴史などを取材した。タブレットで写真を撮影したり、記事を作成したりし、新聞形式にまとめた。

 西脇小では6年生約80人が、築約80年の同校木造校舎と地場産業の播州織を取材した。

 木造校舎については、タブレットを使い、街頭や自宅で計67人にアンケート。播州織では、工場をタブレットで撮影するなどし、新設備を導入し商品開発する織物業者の努力を紹介した。

 都多小の6年生9人は地元の神社や寺を取材。この日は、西脇小の児童に「記事を書くのは難しく、写真のレイアウトも大変だった」と新聞製作の苦労や感想を述べた。

 全校児童38人の都多小では、大勢の前で発表する機会が少ない。同校は「ICTで児童の人間関係が広がる。小規模校のデメリットを補う貴重な手段になる」と期待を寄せた。(敏蔭潤子、古根川淳也)

児童たちが作成した新聞はこちら

天気(11月15日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 17℃
  • 8℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ