写真集新着一覧

  • 印刷

豊岡・出石の人力車 小京都駆けて四半世紀

ログインすると拡大表示できます:ログインする

写真集一覧に戻る

 城下町の風情が残る豊岡市出石町。観光客を乗せた人力車が、軽やかに駆けていく。車を引くのは谷口義則さん(64)=同市森津。この地で「車夫」を続けて25年になるベテランだ。

 18歳の時、東京で芸者を乗せた人力車を見かけ、さっそうと走る姿に“一目ぼれ”した。自衛官などさまざまな職業を経験したが、「一度きりの人生。どうしても諦めきれなかった」。40歳で会社を辞め、人力車を購入。但馬地域の中で、歴史情緒あふれる出石を拠点に選んだ。

 生活のために新聞配達をし、その後夕方まで人力車を引く日々。「夫は乗ってくれたお礼にと、お客さんの写真を撮って送っていたんです。おかげで、人力車のもうけはほとんどなくて」。妻里美さん(64)が懐かしそうに笑う。

 「客引きはしたくない」と、出石家老屋敷前の広場でたたずむ谷口さんは、町の風景に溶け込んでいる。「お客さんが、旅のいい思い出を持って帰ってくれたら。私は引かせてもらえるだけで幸せなんですよ」

(映像写真部 斎藤雅志)

グループ