連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

【特集】ギカイズム 近くて遠い議場の論理

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 兵庫県と県内41市町の全42議会で、約4割に上った兼業の地方議員。兼業議員の割合と報酬額の相関は、報酬が少ない議会ほど兼業の多さが際立った。業種別では「農業・林業」が最多で2割近くを占め、「卸売り・小売業」が続いた。

 各議会事務局への聞き取りによると、42議会の議員数は合計で944人(欠員14)となり、このうち兼業議員は393人(川西市と加東市は10月の改選前)で41・6%を占めた。

 自治体ごとの比較では、兼業議員の割合が高いのは全員が別の仕事を持つ香美町。次いで高かったのは、11人(欠員1)中9人が兼業の市川町で81・8%。市では、いずれも77・8%を占めた南あわじ、淡路の両市が最高。2市とも議員報酬は29市の中で少ない月額34万6500円だった。

 兼業の状況は71人が「農業・林業」と最多で、「卸売り・小売業」の54人と続いた。「製造業」(40人)、「サービス業」(38人)も次いで多かった。

 兼業の状況について、各議会事務局は改選時などに議員からの申告で把握。給与があるかどうかは、資産報告で関連会社の届け出がある県議と神戸市議以外は大半の事務局で確認していなかった。(井関 徹)

2018/11/9

天気(10月14日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ