連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ひょうご参院選2016 改憲の行方

  • 印刷
約1万人が詰め掛けた「5・3兵庫憲法集会」=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎) 手を取り合う民進、共産両党の参院選兵庫選挙区の立候補予定者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎) メッセージなどを掲げる集会参加者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎) 神戸新聞NEXT
拡大

約1万人が詰め掛けた「5・3兵庫憲法集会」=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)

手を取り合う民進、共産両党の参院選兵庫選挙区の立候補予定者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)

メッセージなどを掲げる集会参加者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)

神戸新聞NEXT

  • 約1万人が詰め掛けた「5・3兵庫憲法集会」=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)
  • 手を取り合う民進、共産両党の参院選兵庫選挙区の立候補予定者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)
  • メッセージなどを掲げる集会参加者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)
  • 神戸新聞NEXT

約1万人が詰め掛けた「5・3兵庫憲法集会」=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎) 手を取り合う民進、共産両党の参院選兵庫選挙区の立候補予定者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎) メッセージなどを掲げる集会参加者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎) 神戸新聞NEXT

約1万人が詰め掛けた「5・3兵庫憲法集会」=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)

手を取り合う民進、共産両党の参院選兵庫選挙区の立候補予定者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)

メッセージなどを掲げる集会参加者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)

神戸新聞NEXT

  • 約1万人が詰め掛けた「5・3兵庫憲法集会」=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)
  • 手を取り合う民進、共産両党の参院選兵庫選挙区の立候補予定者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)
  • メッセージなどを掲げる集会参加者=5月3日、神戸市中央区の東遊園地(撮影・笠原次郎)
  • 神戸新聞NEXT

 3日で施行69年を迎えた日本国憲法。戦後日本の歩みを支えてきたその礎が、かつてない激流にさらされている。安倍晋三首相は在任中の憲法改正を目指しており、その成否を左右する夏の参院選は、この国のありようを大きく変化させる可能性をはらむ。参院選連載の第2弾は「改憲の行方」(2回)と題し、憲法改正を巡る兵庫の動向を中心に報告する。

       ◇

 「戦争させない 9条壊すな」「憲法無視は国民無視」。無数のメッセージが、曇り空の下にひしめく。

 5月3日、神戸市中央区の東遊園地。日本国憲法の施行から69年の「5・3兵庫憲法集会」は、熱気と緊張感が入り交じった独特の空気に包まれた。その理由の一つがステージの上にあった。

 肩を並べたのは、夏の参院選兵庫選挙区に立候補予定の民進党現職、水岡俊一(59)と共産党新人、金田峰生(50)。「改憲へ突き進む安倍政治の暴走を止めよう」と気勢を上げると、固く手を取り合った。

 かつてない組み合わせは他にもあった。風にはためく、色とりどりの労働組合ののぼり。民進の支持団体「連合」加盟の自治労や日本教職員組合(日教組)などの傘下組織と同じ場に、全日本教職員組合(全教)など共産系の「全労連」=キーワード(1)=に加盟する労組が並び立った。

 長年対立してきた両者。とりわけ兵庫では、かつて連合兵庫を軸に「非自民・非共産」勢力の結集を図った独自の選挙協力の枠組み「連合・五党協議会」=キーワード(2)=が存在し、互いの亀裂を深めてきた。

 会場には当時を知る関係者も多く顔をそろえ、「確執が消えたとはいえない」としながらも、初の統一集会を「歴史的一ページ」(主催団体幹部)と強調。「考えの違いを脇に置いてでも、安全保障関連法廃止と改憲阻止を実現する」と力を込める。

                  ■  □

 「最後は共産が候補を取り下げるのでは」

 参院選兵庫選挙区の野党共闘を巡り、与党側にはこんなうわさもくすぶる。

 野党は勝敗の鍵を握る32の改選1人区のうち21選挙区(4月末時点)で統一候補擁立に事実上合意し=地図、さらに調整を加速させる。改選3人区の兵庫では民進、共産両党の候補が競合するが、仮に一本化されれば、混戦もようの兵庫選挙区で当選ラインに近づくことになり、自公で2議席を目指す与党側には脅威となる。

 これに対し、共産党県委員会の幹部は「2議席を両党で取りに行く」。共闘で改憲や選挙への関心を広げ、そろって支持拡大を狙う。

                  ■  □

 与党の自民、公明両党が参院でも改憲の国会発議に必要な3分の2以上を占めれば-。そんな危機感が結び付けたのは、政党や労組だけではない。3日の兵庫憲法集会では関西の大学生らのグループ「SEALDs KANSAI」(シールズ関西)や、子育て中の母親らでつくる「安保関連法に反対するママと有志の会@兵庫(ママの会)」も壇上から思いを訴えた。

 「学生が社会運動しなくていい社会が健全だとは思うが…安保法制に巻き込まれるのは自分だと思い、声を上げた」「他国の幼い子どもの頭上に爆弾を落とす社会を、子どもに残したくない」

 率直な言葉のはざまには戸惑いもある。労組ののぼりが並ぶ見慣れない光景に「自分の考えと違う部分はある」とシールズ関西の一人。ママの会のメンバーも「安保関連法を『戦争法』と言い切ることに違和感を持つ人もいる」。

 それでも「違い」を超え、政治に声を届けようと、5月下旬には民進、共産など各野党と街宣活動にも臨む。

 多様な色の新しいうねりはどこへ向かうのか。=敬称略=

(黒田勝俊、若林幹夫)

<<参院選キーワード>>

 (1)全労連 正式名称は「全国労働組合総連合」。連合に次いで2番目に大きい労働組合の全国中央組織。連合とは1980年代の労働運動再編の動きの中で分裂した経緯があり、その後も組織拡大などをめぐり激しく対立。連合と同じ89年に結成されて以降、各地でメーデー集会や護憲集会を別々に開いてきた。

 (2)連合・五党協議会 略称は「五党協」。1993年の細川護煕(もりひろ)連立内閣の発足を受け翌94年9月、兵庫独自の選挙協力として発足。当初は連合兵庫を旗振り役に、細川内閣をつくった社会、新生、公明、日本新、民社の県内各党で「非自民・非共産」の選挙協力を目指した。統一候補を立てた同年の尼崎市長選で自民推薦の現職を破ったが、中央では既に非自民政権が崩壊。その後も政党の離合集散や公明の連立与党入りなどで中央との「ねじれ」を抱え続け、2006年には名実ともに消滅した。

2016/5/7

天気(11月21日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 10%

  • 17℃
  • 5℃
  • 10%

  • 17℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ