1945(昭和20)年8月15日の終戦は、日本社会を一変させました。当時の神戸新聞を繰ると、紙面には戦後の〝空気〟があふれています。敗戦の悲しみ、食糧不足の苦労、平和回復の喜び…。ドラマチックな日々に息をのむ思いがします。

終戦から、経済白書がその結語で「もはや戦後ではない」と記した昭和31(1956)年までの古い紙面をたどり、荒廃した郷土で懸命に生きる人々や印象的な風景を紹介します。

記事中、太字の記述は当時の新聞紙面から引用しました(言葉遣いは一部わかりやすく変えてあります)。また撮影場所の住所表記は、当時の表記に準じています。

記事一覧

1945(昭和20)年 ①【終戦】【食糧増産】
②【生活点描】【復興に向けて】 プラス
③【まちの風景】 プラス
④【進駐軍】 プラス
1946(昭和21)年 ①【戦争の残影】【総選挙と新円】 プラス
②【空腹との闘い】【復興に向けて】 プラス
③【闇市変貌】【取り戻す日常】プラス
④【地場産ふたたび】【敗戦から1年】プラス
1947(昭和22)年①【復活する港町】【貴重な日常】プラス
②【苦境を生き抜く】プラス
③【天皇の行幸】【闇に光が】プラス
④【クジラがタンパク源】プラス
1948(昭和23)年①【光と闇のまちかど】プラス
②【熱い心意気】プラス
③【オールドニュー神戸】プラス
④【復興と変遷】プラス
1949(昭和24)年①【ダモイ、経済安定9原則】プラス
②【ミナトに輝きを】プラス
③【統制経済なおも続く】プラス
④【希望芽生える】プラス
1950(昭和25)年①【新しい時代】プラス
②【失われた風情】プラス
③【女性たち、神戸博】プラス
④【ジェーン台風、写真川柳】プラス
1951(昭和26)年①【働く女性に注目】プラス
②【講和のときめき、図南(となん)丸ストーリー】プラス
③【危うさとともに、六甲山浮上せよ】プラス
④【あれもこれも輸出品】プラス
1952(昭和27)年①【街角俯瞰】プラス
②【人なればこそ】プラス
③【小野佐世男さんイラストによる神戸】プラス
④【詩情慕情】プラス
1953(昭和28)年①【時々刻々】プラス
②【神戸夏模様】プラス
③【RRセンター移転をめぐって】プラス
④【中国、ソ連からの引き揚げ続く】プラス
1954(昭和29)年①【立ち上がる風景】プラス
②【客船、国道フェリー、移民船】プラス
③【ヒロポン社会問題に】プラス
④【軍隊を問う】プラス
⑤【阪本知事登場】プラス
⑥【東京だより】プラス
1955(昭和30)年①【移りゆく時代】プラス
②【戦後10年】プラス
③【焼け跡からの街】プラス
④【歳末断章】プラス
1956(昭和31)年①【街角の今昔】プラス
②【特等席の職業】プラス
③【成長の序章】プラス
④【成長の影で】プラス

トップページに戻る