連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸製鋼改ざん問題

  • 印刷
雨の中、神戸本社に出勤する神戸製鋼所の社員ら=16日午前、神戸市中央区脇浜海岸通2(撮影・大森 武)
拡大
雨の中、神戸本社に出勤する神戸製鋼所の社員ら=16日午前、神戸市中央区脇浜海岸通2(撮影・大森 武)
雨の中、神戸本社に出勤する神戸製鋼所の社員ら=16日午前、神戸市中央区脇浜海岸通2(撮影・大森 武)
拡大
雨の中、神戸本社に出勤する神戸製鋼所の社員ら=16日午前、神戸市中央区脇浜海岸通2(撮影・大森 武)

 神戸製鋼所がアルミニウム製品などのデータ改ざんを公表して1週間が経過した。先週13日には川崎博也会長兼社長が記者会見したが、不正は鉄鋼製品やグループ会社でも発覚。影響は世界に広がっている。週明けの16日朝、時折強い雨が降る中、神戸市内の本社や製鉄所に出勤する社員は「不正がこれ以上、広がらないことを祈るばかり」と不安な胸中を打ち明けた。

 神戸市中央区、HAT神戸にある神戸本社には、午前8時すぎから社員が続々と出社。多くの社員が取材に無言を貫く中、50代の男性は「(不正が)次から次へと明るみに出るような情報の伝わり方が、実態以上に印象を悪くしている」と声を落とした。

 20代男性は「部署が違えば仕事内容は互いに分からない。この本社にいる誰もが、工場のデータ改ざんは知らなかっただろう」と話した後、「この冬のボーナスは出ないだろう」とぽつり。「あっという間に失った信頼を再び得るには長い時間がかかる。地道な努力を重ねたい」と自らに言い聞かせるように話した。

 また、50代の男性は「(アルミ・銅事業を中心とする不正は)確実に他部門にも影響が出ている」と困惑した様子だった。

 同市灘区の神戸製鉄所でも同8時前から、夜勤明けの社員と入れ替わる日勤の社員が急ぎ足で構内に入っていった。

 設計部門勤務の60代男性は、13日の記者会見について「影響が拡大し続け、経営陣も全てを把握できていない印象だった」。別の60代男性は「現場の従業員はいつもと変わらない様子で働いているが、会社から説明がなく、詳しいことが分からない」とした上で「現場は頑張っている。経営陣にはもっとしっかりしてほしい」と注文をつけた。

 40代の男性は「大きく報道され、取引先に申し訳ない。今は目の前の仕事を精いっぱいやるだけ」。関連会社に勤める30代男性は「日々の仕事で精いっぱい。なるようにしかならないでしょ」と諦めの表情で語った。(まとめ・高見雄樹)

2017/10/16

天気(8月24日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 24℃
  • 50%

  • 31℃
  • 22℃
  • 40%

お知らせ