連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸製鋼改ざん問題

  • 印刷

 神戸製鋼所の製品データ改ざん問題で、原子力規制委員会は9日、原発を持つ電力各社から検査データが不正に記載された製品の使用状況などを聴取した。各社は、原子力施設で不正が確認された製品の使用はなく「現時点で安全上、重大な問題になるものはなかった」と報告した。

 この日開かれた会合で、九州電力や関西電力など再稼働中の原発を所有する電力会社など計12社に関し、大手電力会社でつくる電気事業連合会が神戸製鋼の製品が使われているかどうかを説明。一部の設備の溶接部や配管で使用されていた原発もあったが、過去1年間では不正の疑いがある製品の使用はなかった。各社は引き続き調査を進める。

2017/11/10

天気(8月26日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ