連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸製鋼改ざん問題

  • 印刷
神戸製鋼所への厳しい意見が相次いだ神戸市環境影響評価審査会=神戸市中央区磯上通8
拡大
神戸製鋼所への厳しい意見が相次いだ神戸市環境影響評価審査会=神戸市中央区磯上通8

 神戸製鋼所による石炭火力発電所増設計画を巡る環境影響評価(アセスメント)で、同社は1日、製品性能データ改ざん問題を受けて環境データなどを自主検証した結果、環境影響評価準備書などの記載ミスが見つかり、145カ所の修正が必要となることを明らかにした。

 同社は神戸市環境影響評価審査会で、自主検証結果を説明。しかし、委員からの指摘で、修正内容を示した資料の中に、食い違いがあった。審査会はこの日、同社が提出した環境データの検証結果から信頼性を確認した上で、市長宛て答申案を議論する予定だったが、「検証経緯の説明が不十分」などとして、次回に実施することになった。

 取材に対し、審査会会長の武田義明・神戸大名誉教授は「神鋼の対応は不誠実に感じる。データがいい加減だと審査できない。一層の説明と資料を求めた上で、審査会の結論を出したい」と話した。(小林伸哉)

2018/2/1

天気(6月21日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 40%

  • 32℃
  • 18℃
  • 40%

  • 29℃
  • 23℃
  • 20%

  • 32℃
  • 22℃
  • 30%

お知らせ