連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸製鋼改ざん問題

  • 印刷
神戸製鋼所神戸本社=神戸市中央区脇浜海岸通2
拡大
神戸製鋼所神戸本社=神戸市中央区脇浜海岸通2

 神戸製鋼所は27日、製品検査データの改ざん問題に関し、3月6日に原因究明と再発防止策を公表すると発表した。東京都内で川崎博也会長兼社長が記者会見し、説明する。

 同日までに、弁護士でつくる外部調査委員会から結果報告を受けるめどが立った。調査委は昨年10月から、神戸製鋼が実施した自主点検の妥当性を調べたり、改ざんの原因究明を行ったりした。調査結果と共に再発防止策などを神戸製鋼に提言する。

 これを受け、神戸製鋼は最終見解を取りまとめる。経営幹部らの処分に踏み込む可能性もある。

 同社はデータ改ざん発覚後に自主点検を進めたが、不正を隠す行為があったため、独立した調査委に検証を委ねた。12月末までに調査を終える予定だったが、「点検を徹底する」として期間を2カ月延長した。精査の過程で、子会社が受託した高レベル放射性廃棄物の地層処分に関連する研究データの不正が発覚した。(高見雄樹)

2018/2/27

天気(8月26日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ