連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸製鋼改ざん問題

  • 印刷

 加熱したアルミニウムの塊を型に押し当てると、断面が複雑な形をした棒がところてんのように出てきた。「アルミ押出(おしだし)材」と呼ばれ、つなぎ合わせて新幹線の車体になったり、自動車のバンパーや二輪車のフレームに加工されたりする。

 山口県下関市の神戸製鋼所長府(ちょうふ)製造所。海に面した37ヘクタールの敷地には、アルミのほか、電子部品向け銅板の工場が並ぶ。生産量の6割は自動車向けだ。

2017/11/14

天気(6月27日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 22℃
  • 60%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

お知らせ