連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

変貌したまち神戸 人口からみる復興

  • 印刷
新たな世代の入居を促す取り組みが模索されるHAT神戸脇の浜団地=神戸市中央区脇浜海岸通3(撮影・中西幸大) 脇浜海岸通3丁目(神戸市中央区)の人口推移
拡大

新たな世代の入居を促す取り組みが模索されるHAT神戸脇の浜団地=神戸市中央区脇浜海岸通3(撮影・中西幸大)

脇浜海岸通3丁目(神戸市中央区)の人口推移

  • 新たな世代の入居を促す取り組みが模索されるHAT神戸脇の浜団地=神戸市中央区脇浜海岸通3(撮影・中西幸大)
  • 脇浜海岸通3丁目(神戸市中央区)の人口推移

新たな世代の入居を促す取り組みが模索されるHAT神戸脇の浜団地=神戸市中央区脇浜海岸通3(撮影・中西幸大) 脇浜海岸通3丁目(神戸市中央区)の人口推移

新たな世代の入居を促す取り組みが模索されるHAT神戸脇の浜団地=神戸市中央区脇浜海岸通3(撮影・中西幸大)

脇浜海岸通3丁目(神戸市中央区)の人口推移

  • 新たな世代の入居を促す取り組みが模索されるHAT神戸脇の浜団地=神戸市中央区脇浜海岸通3(撮影・中西幸大)
  • 脇浜海岸通3丁目(神戸市中央区)の人口推移

 静まりかえる中庭。人影はまばらだ。神戸市中央区脇浜海岸通3、HAT神戸脇の浜団地。兵庫県営、市営、UR都市機構(旧公団)の計18棟に3千人近くが暮らす。

 団地中央部に6番館がある。1、2階に介護老人福祉施設が入る9階建ての市営復興住宅で、高齢化率は85%に達する。多くが高齢者向けに緊急通報設備などがあるシルバーハイツの住民だ。

 男性(74)が嘆く。

 「この町の愛称は、HAT(ハッピー・アクティブ・タウン)だけど、年寄りが年寄りを見守っている。後を継ぐ世代がおらん」

     ◇

 一帯は大正時代にできた製鉄所の跡地で、阪神・淡路大震災後、神戸市が東部新都心として再整備した。団地には1999年以降、仮設住宅などから被災者が移り住んだ。

 人口は横ばいだが、入れ替わりは進んだ。市営では、当初からの入居者は6割に減少。しかし、団地全体の高齢化率は2000年の31%から、10年には40%に上昇した。

 県営に住む大平ゆう子さん(73)は「若い人も増えたけど、圧倒的にお年寄り。空きができても、またお年寄りが入ってくる」と話す。「単身者は60歳以上や障害者に限る」などとする公営住宅の入居要件が、もともと高い高齢化率を押し上げる。

     ◇

 5月、地域の自治会役員らでつくる「脇の浜ふれあいのまちづくり協議会」の有志が、NPO法人「よろず相談室」とともに、明舞(めいまい)団地(明石市、神戸市垂水区)を視察した。

 明舞は、県が音頭を取り、国の認定を受けて県営住宅に単身学生の入居を可能にした。5室に5人が住み、自治会に参加して団地の活性化に取り組む。

 同協議会の塩月時佳(ときよし)委員長(79)は「脇の浜でも、学生が住民となって、見守り活動などに参加してもらえれば」と期待を寄せる。

 来年1月で震災から20年。超高齢化の最前線で、次代を見据えた模索が続く。

(上田勇紀)

=おわり=

2014/6/27

天気(9月23日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 60%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ