連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

経営新潮流 トップインタビュー

  • 印刷
袋詰めされた新米の前に立つ衣笠愛之さん。袋にあしらった人気マスコット「はばタン」で兵庫県産をアピールする=姫路市夢前町宮置
袋詰めされた新米の前に立つ衣笠愛之さん。袋にあしらった人気マスコット「はばタン」で兵庫県産をアピールする=姫路市夢前町宮置

 環太平洋連携協定(TPP)交渉や耕作放棄地の増加などで、日本の農業は岐路にある。打開策を探ろうと、兵庫県内の若い大規模稲作農家が集まり設立したのが、株式会社「兵庫大地の会」(姫路市)。酒造会社や菓子メーカーと取引を拡大、農業に新風を吹き込む。「農地を守り、次世代につなげたい」と、社長の衣笠愛之さん(53)。強い信念が原動力だ。(桑名良典)

   ◇   ◇

2014/10/5

天気(6月29日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 60%

  • 29℃
  • 20℃
  • 40%

  • 26℃
  • 23℃
  • 70%

  • 27℃
  • 22℃
  • 60%

お知らせ