Viva!タカラヅカ

花のみち情報

  • 印刷

動画一覧へ
福娘となり豆をまくタカラジェンヌら=宝塚市中山寺2
拡大
福娘となり豆をまくタカラジェンヌら=宝塚市中山寺2

 節分の3日、兵庫県宝塚市の中山寺で「星祭節分会(え)」が開かれた。きらびやかな衣装のタカラジェンヌらが本堂や特設桟橋から豆をまき、約6千人の参拝客が福をつかもうと競って手を伸ばした。

 古くから伝わる「追儺式(ついなしき)」を現代風にアレンジした音楽法要で、1950年ごろからジェンヌが参加するようになった。

 この日は、歌劇団花組の華優希(はなゆうき)さんら8人が参加。貪(むさぼ)りや怒り、真理に対する無知の心を持つ3匹の邪鬼を、観音菩薩(ぼさつ)に扮(ふん)したジェンヌが諭し、善神に変身させる物語を演じた。鬼が改心して面を脱ぐと、参拝客から大きな拍手が起きた。

 豆まきには6万袋を用意。ジェンヌやタレントの妹尾和夫さんらが「福は内、鬼は外」の掛け声に合わせ、勢いよくまいた。

 宝塚市の主婦(34)は長男(3)ら家族4人で参加。「子どもに節分を教えようと初めて参加した。生まれたばかりの長女のところにも豆が飛んできて、福を授かれそうです」と笑顔だった。(土井秀人)

花のみち情報の最新写真

花のみち情報の最新

天気(6月26日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 26℃
  • 18℃
  • 20%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ