わが町リポート神戸

  • 印刷
神戸市立渦が森小学校が創立50周年で、コロナ禍でできるオープニングセレモニーとして「風船飛ばし」をした=神戸市灘区渦が森1(撮影・村上明子)
拡大
神戸市立渦が森小学校が創立50周年で、コロナ禍でできるオープニングセレモニーとして「風船飛ばし」をした=神戸市灘区渦が森1(撮影・村上明子)

 市立渦が森小学校(東灘区渦森台1)が創立50周年を迎え、児童らが1日、「風船飛ばし」を行った。

 元々計画されていた記念行事は、新型コロナウイルス感染症の影響で見送りに。しかし、「3密」を避けつつ「いまだからできること」「子どもたちの心に焼き付く楽しい思い出を!」と、在校生や卒業生の保護者有志約20人と学校が粘り強く調整し、実現にこぎ着けた。

 運動会に代わって、学年を分けて実施する「渦っ子スポーツフェスティバル」の開催が8月末に決定。その開幕セレモニーで、環境に優しい天然ゴム材と紙ひも製の風船を、渦が森の空に皆で飛ばそうと準備を進めた。

 当日は突き抜けるような秋空。間隔を取って校庭に整列したマスク姿の子どもたちは、PTA会長の号令で「おめでとう」「ありがとう」「頑張るぞ!」と各自の思いも乗せ、風船を一斉に放した。

 風船は学校を見守るようにゆっくり上昇し消えていったが、今回の周年行事は、阪神・淡路大震災を乗り超えた神戸っ子ならではのものとなり、一生消えない思い出となった。(わが町リポーター・村上明子)

わが町リポート神戸の最新

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ