わが町リポート神戸

  • 印刷
CD「GI灘五郷の唄」を制作した、酒蔵4社の有志8人によるバンド「酒(さけ)なベイベーズ(村上明子さん提供)
拡大
CD「GI灘五郷の唄」を制作した、酒蔵4社の有志8人によるバンド「酒(さけ)なベイベーズ(村上明子さん提供)

 新型コロナウイルス感染症の影響で清酒の出荷量が減少し、酒米の生産農家も大打撃を受けている。収穫期を迎えているが、余剰在庫となれば、来年度は減産せざるを得ない状況。特に最高級酒米の「山田錦」は背丈が高く、手間がかかり生育が難しい。

 酒米生産者あっての清酒づくり。「何かできないか」と立ち上がったのが、灘五郷の酒蔵4社の有志8人で結成された音楽バンド、その名も「酒(さけ)なベイベーズ」だ。

 昨秋の酒蔵イベントで正式にデビューしたものの、コロナ禍で当面イベントもできない中、ユニークなオリジナル曲「GI灘五郷の唄」のCD(500円)を作った。

 国税庁の「地理的表示(GI)」指定の「灘五郷」で醸された清酒を男性に見立てた、つい口ずさみたくなる軽妙な歌詞に明るい曲調。販売目標は100枚! 収益は全て生産農家へ寄付するという。菊正宗酒造記念館(同区魚崎西町1)をはじめ、大関、白鶴酒造、辰馬本家酒造の直営店や資料館などで購入できるので、お立ち寄りくださいね。(わが町リポーター・村上明子)

わが町リポート神戸の最新

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ