わが町リポート西播

  • 印刷
拡大

 「あれ、今日からだったか?」

 JR西日本は赤穂線の播州赤穂(赤穂市)-備前片上(備前市)間について、10月19~21日の昼間時間帯に本年度2回目となる運休を実施した。労働人口の減少に伴い作業員の確保が困難になっている状況を踏まえ、作業員の働き方改革やメンテナンス低減を図る目的。設備強化などの集中工事を、神戸支社・岡山支社が5月に引き続き管轄区域内で行った。備前福河駅の西にある神戸支社管内では、保線関係ではレール締結装置の交換、フックボルトの補修、のり面の除草や伐採、架線金具の取り替えなどを行った。

 この間は代行バスを運行し、備前福河駅では「バス乗り場まで距離があるため戸惑っているICOCA利用者がいた」と案内係の警備員が話していた。運休区間にあるもう一つの駅、天和駅では、バス乗り場が駅前のため問題はなかったとのこと。工事関係者は「効率よく仕事がはかどる」と話していた。

(わが町リポーター・吉栖清美)

わが町リポート西播の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ