わが町リポート西播

  • 印刷
拡大

 真冬並みの強い寒気の影響で、日本海側の各地で雪による被害が発生している中、宍粟市一宮町でも16日夜から雪が降り始め、はりま一宮小学校区では翌朝には約20センチの積雪となった。いつもは集団で登校する名畑地区の子どもたちも、この日は3人ほどしか姿が見えなかった。

 「みんなお母さんに車で送ってもらうらしい」。この冬初めての積雪に、3人兄弟は兄を先頭に積もった雪を踏みしめ、時には雪を足で蹴りながら、校門で教職員の待つ学校へと歩いて行った。

(わが町リポーター・八木 智)

わが町リポート西播の最新
もっと見る
 

天気(7月28日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 30%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ