わが町リポート西播

  • 印刷
拡大

 元禄スポーツセンター野球場で11日、赤穂市少年野球連絡会(河原智士会長)主催の新年度の5年生以下による新人戦大会が開かれ、子どもたちの元気な声があふれた。

 開会式は3密を考慮し、第1試合の該当チームのみ参加して行われた。河原会長が「コロナ禍の中ですが、十分に注意して頑張りましょう」とあいさつ。選手宣誓では城西チームの山下大輝主将(5年)が「日頃の練習の成果を発揮して、お世話になった方々に感謝し頑張ります」と力強く宣誓した。

 初々しい選手の一つ一つのプレーに、マスク姿で応援する保護者らが呼応し、勝ち負けを別にしたさわやかな戦いが繰り広げられた。

 1、2回戦を勝ち抜き27日の準決勝に進出した坂越チームの丸尾龍稀(りゅうき)主将(5年)は「僕もヒット打ったよ。みんなよくやった。優勝目指して頑張ります」とうれしそうに話してくれた。

(わが町リポーター・吉栖

清美)

わが町リポート西播の最新
もっと見る
 

天気(7月28日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 30%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ