わが町リポート西播

  • 印刷
拡大

 赤穂市シルバー人材センター(吉備徳治理事長)が27日、草刈り作業従事者安全講習会を行った。コロナ感染予防対策を十分に施し、20人(会員外5人)が参加した。

 日頃、草刈り作業で刈払機を使う会員や使用を希望する会員、さらにシルバー事業に興味を持つ会員外の人たちにも参加を呼び掛けた。養父市森林組合から講師を招いて、作業の安全に関する知識と実技の講習を行った。

 座学で刈払機の安全管理と災害事例を学び、屋外で刈払機の点検や整備方法の詳しい説明を受けた。その後、講師らが刈り取りの模範実技を披露した。

 会員の鷲尾勉さん(79)は「草刈りをやる時もあり、参加して学んでよかった」。会員外で参加の吉田直治さん(71)も「時々使うので参考になりました」。センター事務局の内波順司次長は「会員外の人が一人でも興味を持ち入会していただければ」と話した。

(わが町リポーター・吉栖

清美)

わが町リポート西播の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ