わが町リポート西播

  • 印刷
拡大

 宍粟市一宮町内の水田で「ラジコンヘリ」による農薬散布が行われている。病虫害の防除が目的で、一般財団法人宍粟北みどり農林公社が作業を担う。

 以前はポンプから延びた長いホースを5~7人が引きずりながらの散布で、かなりきつい作業だった。この機械では、作業員は無線操縦するオペレーター1人と、「ヘリ」が飛行する周辺の安全確認の係員2人程度で足りる。時間を短縮でき、作業量も随分と軽減されたという。

 農薬の散布回数は「安心・安全」をモットーに1シーズン2回に限定。今回の散布が1回目となる。

 全長約3メートルの機体が旋回や静止を繰り返しながら空中を舞う様子に、登校中の小学生は「カッコイイ、人間が乗っているみたい」と目を凝らしていた。

 あと2カ月もすれば、一帯はブランド米「コシヒカリ」の収穫時期を迎える。

(わが町リポーター・八木 智)

わが町リポート西播の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

お知らせ