わが町リポート西播

  • 印刷
拡大

 赤穂市福浦、赤穂コールドローンの一角にあるビシャゴ岩(標高約290メートル)は、眺望が良く脚光を浴びていることから、地元有志のグループにより登山道の整備が随時続けられている。

 13日にも地元自治会の有志5人が安全柵を設置した。登山道入り口から約100mにある山道は、片側が一番高い所で約6メートルの崖になっていて非常に危険なため、もう少し丈夫な柵を設置することにした。

 自治会が市から支給されたメガネ杭やロープに加え、現地調達の木材や竹も使い、長さ約30メートルにわたって高さ80センチの柵を作った。メガネ杭などは大ハンマーで打ち込み、ロープや竹を2段に取り付けた。

 有志の一人、八重文次郎さん(74)は「これで安全とはならないので、気を付けて登山を楽しんでほしい」と話していた。

(わが町リポーター・吉栖清美)

わが町リポート西播の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

お知らせ