わが町リポート西播

  • 印刷
拡大

 赤穂市立坂越小学校(田中ひろみ校長)は、地域の人々とのふれあい活動の一環として、13日に2年生と3年生が田植えの体験学習を行った。同校区内の田端地区自治会の皆さんやJA職員らが協力した。

 今回植えた品種はもち米の「はりまもち」で、JA職員から苗の植え方の説明を聞いた。生徒たちは水を張り代掻きをした水田で1列に並び、それぞれが片手に持った1つかみの苗を3本ずつに分け、ひもの目印付近に差し込むよう、地元の人の動作を見習いながら作業した。

 植えたら1歩下がる繰り返しに、戸惑いながらもだんだんと上手になり、学年ごとに12列ほど植えた。ほとんどの子が水田に入るのは初体験のようだった。

 3年生の長尾亜蘭さんは「深い所にも植えられて良かった。土がヌルっとしていて気持ち良かった」と話した。2年生の加藤歩侑(ふう)さんは「深い所があったが、うまく植えたよ。またやりたい」とにこにこと話していた。

(わが町リポーター・吉栖清美)

わが町リポート西播の最新
もっと見る
 

天気(8月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ