平成29年度神戸新聞広告賞

実施概要

実施期間 2017年1月1日から12月31日までの1年間
応募規定 本広告賞実施期間中に神戸新聞朝刊または夕刊に掲載された広告。
審査基準 1. 新聞広告の新しい活用法や企画内容の斬新さ、表現の可能性を拡げたものであるか。
2. 地域の話題や特性が盛り込まれているか。
3. 広告主のイメージの向上、あるいはサービスや商品購買意欲につながる広告であるか。
4. 総合的な評価はどうか。
最終審査
日時 2018年1月16日(火)
場所 神戸新聞社本社会議室
審査員 <審査委員長>難波 功士(関西学院大学社会学部教授)
<審査委員>  網本 雅生(NPO法人神戸デザイン協会理事長)
           谷 正典(神戸新聞社取締役営業局長)
審査経過 実施期間中に、神戸新聞に掲載された本広告賞参加作品 54編84点(広告主部門35編61点、広告会社部門19編23点)に対して、社内専門審査委員会を経て、学識経験者や専門家による審査会で最終審査会を実施し、受賞作品を選定しました。
表彰
最優秀賞 (1点)  盾と副賞 20万円
部門賞 広告主部門・広告会社部門 金賞(各1点) 盾と副賞 10万円
  銀賞(各2点) 盾と副賞 7万円
  銅賞(各3点) 盾と副賞 5万円
  佳作(若干) 賞状と副賞 3万円
特別賞 (各1点) 各賞に賞状と副賞5万円

 

・カラー広告賞:カラーを効果的に使っている広告に贈られる賞。
・シリーズ広告賞:同じ広告主、または広告会社によるシリーズ広告に贈られる賞。
・記事体広告賞:PR特集など、記事を利用した広告に贈られる賞。
・話題広告賞:話題性がある広告に贈られる賞。
・コピー賞:キャッチコピーを有効に使っている広告に贈られる賞。

・クリエイティブ広告賞:デザインやレイアウトなどクリエイティブに優れた広告に贈られる賞。