深ヨミ

「東洋一」神戸市電 半世紀前に勇退(1)

2021/04/08 00:00



今から半世紀前。1971(昭和46)年3月13日の夜、大勢の人たちが見守る中で神戸市電は「市民の足」としての役割を終えた。翌日の本紙朝刊1面には「長い間ご苦労さん」「深夜の沿道に見送りの人波」と写真入りで大きく報じられた。




※紙面の画像はクリックで拡大できます。


 残り文字数 1266  文字 記事全文 1396  文字

特集記事一覧
PC SP