深ヨミ

<20R> 悔いなく、行けるとこまで行く

2021/12/07 17:30

【写真上】WBOアジア・パシフィック・ミドル級タイトルマッチで、笑顔でリングに駆け上がる王者の野中悠樹=7月23日、エディオンアリーナ大阪


■引退の時期とは


 野中悠樹(43)は会見などで、よくこう話す。「ボクシング以外で、今から世界一になれるかというと難しい。あと少しで手が届く。頑張りたい」。世界ボクシング機構(WBO)アジア・パシフィック・ミドル級王者となり、世界ランキング(15位以内)にも復帰した。夢は続いている。


 「もし世界戦が実現したら、なりふり構わず攻めると思う」。これまでは敗戦のリスクも頭に入れて慎重に戦ってきたが、夢舞台に立てば、後先は関係ない。「怪物だらけ」(野中)の階級で王者と全力で戦った末、結果的に「カウンターを食らって倒されても納得できる」という。


 「では、そこで引退ですか」と聞くと「それは分からないです」。


 残り文字数 703  文字 記事全文 1061  文字

特集記事一覧
PC SP