ひょうご経済プラスTOP ひょうご中小企業就活ガイド2016 サワダ精密(株)

ひょうご中小企業就活ガイド2016

サワダ精密(株)

人間力で取引先の信頼獲得

 
  • 印刷
エンジニアリング事業部組み立て風景

エンジニアリング事業部組み立て風景

明るい雰囲気の社員食堂

明るい雰囲気の社員食堂

 金属加工、各種自動機などの設計・製作を行う。社員のやる気を引き出す経営を実践し、2003年に兵庫県の「ひょうご経営革新賞」を受賞した。

 自動車関連、発電関連機器など向けを主体に、設計図面をもとに材料手配、加工をし、電気設備までを組み込んで納める。一昨年は新たに設計エンジニアリング部門を設置した。「最終的には自社で設計から加工、組み立てまですべてを担えるようにし、事業を広げていきたい」と澤田洋明社長は話す。

 60台ある設備はすべて名前がつけられ、大事に使われ、工場内も手入れ、整理整頓が行き届いている。技術の教育はOJT(先輩による教育)が中心だが、技術的基本事項が記された社員用教科書をもとに体系的に学べるようになっている。

 新卒採用社員は現場で基本作業を教わり、NC加工機が操作できるようになった後は複数台の機械を扱えるように育てられ、その後、仕事を振り分ける管理職へとキャリアアップしていく。 

 働きがいが感じられるような制度が数多く整えられている点も大きな特長。毎月の経営数字はすべて社員に開示し、目標達成で最大1万円の報奨金がもらえる。また社員全員の投票で決める「月間MVP」や「年間役員賞」など社員に光が当たるような制度をそろえている。「人間力が育てばおのずと取引先の信頼につながり、仕事にもつながる」。

 毎年夏休みには、社員の子どもを会社に招いて参観日を実施し、親の仕事を一緒に体験する機会を設けている。毎年地元のお祭りに参加し、保育園児と一緒に店を出して売り上げを保育園に寄付するなど、地域の子どもを育てる活動にも熱心だ。

 「作るのはもちろんだが、それをやるのは人。結局、人間力が問われる。ボランティア活動をはじめ、人間的成長を促す企画や取り組みをちりばめている」と澤田社長。「この会社で働くことが好き、と言える社員を増やしたい。サワダ精密と付き合ったらいいものができるという感動を、取引先にどれだけ提供できるかも大事」と話している。

〈所在地〉姫路市広畑区吾妻町1ー39 TEL079・239・2225