ごあいさつ

 1898(明治31)年に創刊した神戸新聞は今年2月、120年目を迎えました。兵庫県内でナンバーワンの発行部数を誇り、圧倒的な取材網と強力なデジタル発信力を生かし、地域に密着した情報をお届けしています。

 さて、「神戸新聞LEADERS倶楽部」は2014年4月に発足し、これまで県内の有力企業、団体、教育機関など、地元を代表するトップの皆さまと手を携え、さまざまな事業を行ってきました。本日、49社のご賛同を得て、4年目のスタートを切りました。

 本倶楽部の趣旨は「業種を超えた活動や地域発信の強化により『オール兵庫』の力を結集し、兵庫の発展を目指す」であり、今回の別刷特集やLEADERS倶楽部通信などの紙面を通じ、会員各社の理念や近況、新商品の開発などを発信してまいりました。さらに、年2回開催する「トップ交流会」では、著名な講師を迎えて講演会を行い、会員同士の懇親や情報交換の場をご用意しております。次世代を担う社員の皆さまにも特別セミナーにお越しいただき、異業種交流を図るメニューを提供していきます。

 神戸新聞社は昨年までに、「知」の拠点である神戸大学、関西学院大学、甲南大学と連携協定を結びました。地域振興や防災・減災のお手伝い、安心して子育てができる環境づくりなど、健やかな「地」の実現につなげていく取り組みを展開中です。地元新聞社ならではの情報発信力とネットワーク力をベースに、人と人をつなぎ、その輪を広げ、よりよい地域社会と未来を創ることを目指しております。

 15年3月には、「もっといっしょに」を合言葉とする地域パートナー宣言を発表しました。読者やお客さまとともに地域に生きるパートナーとして、より身近に感じていただき、もっと必要とされる存在でありたいと考えております。

 神戸新聞LEADERS倶楽部は今年1年、読者の皆さまへ多彩な情報を発信していきます。ご期待ください


神戸新聞社代表取締役社長
高士 薫