ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 深い縁を感じる

キーパーソン

深い縁を感じる

川崎汽船・村上英三社長

2017.07.27
  • 印刷
川崎汽船・村上英三社長

川崎汽船・村上英三社長

 開港150年目を記念して、川崎汽船(本店神戸市中央区)が新造した自動車運搬船「シリウス・ハイウェイ」がこのほど神戸港に初入港した。

 全長200メートル、小型自動車なら7500台を積める最新鋭船で、船体には赤地に白が映える伝統の「K」マークが浮かぶ。社長の村上英三氏(64)は「当社は1919(大正8)年に神戸で産声を上げ、まもなく創立100周年。私も神戸の生まれ。深い縁を感じる」と語る。