ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 組織強化し成長後押し

キーパーソン

組織強化し成長後押し

アシックス・廣田康人社長

2018.06.01
  • 印刷
アシックス・廣田康人社長

アシックス・廣田康人社長

 「アシックスは今、転機を迎えている。力を発揮してみないか」。昨年11月、財界活動を通じて知り合った尾山基社長(現会長)から社長就任を打診され、三菱商事を退職。もともとアシックス製品の愛用者でもあり、「何かのご縁。チャンスを生かしたい」と入社を決めた。

 ナイキ、アディダスに次ぐ世界3位グループに位置するが、ここに来て成長スピードが鈍化している。鍵を握るのは「AACD(アメリカ、アパレル、チャイナ、デジタル)だ」と4つの柱を示す。特に近年、健康志向が高まる中国市場は可能性があるとみており、日本より盛んな電子商取引などを強化。大都市圏では直営店出店、内陸部では卸売りなど、「巨大市場を戦略的にとらえたい」とする。