深ヨミ

<7R> 夢追い掛ける。事故に遭い決断

2021/12/07 17:30

【写真上】事故を起こした直後のバイクと野中悠樹(左)と、事故当時かぶっていたヘルメット(右)。擦り傷が生々しい=いずれも本人提供


■ジムに入る


 野中悠樹(43)がボクシングを始めたころの話をしたい。


 19歳の寒い季節のことだ。野中はバイクで山陽自動車道を疾走していた。またがる愛車はほんの数十分前、約140万円で買ったばかり。「うれしくて、飛ばしたくなって」。アクセルを開けるうち、ハンドルが左右にぶれ始めた。最後に見たスピードメーターは「160キロ」だった。


 何度も縦回転し「死んだと思った」という。直線道路で通行車両が少なかったことが幸いした。新車のバイクは中央分離帯で真っ二つになったが、野中自身は鎖骨骨折と両手脚がずるむけになったものの、命は奇跡的に助かった。


 残り文字数 620  文字 記事全文 944  文字

特集記事一覧
PC SP