ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 淡路原産「鳴門オレンジ」復活へ 新商品開発進む

地域発

淡路原産「鳴門オレンジ」復活へ 新商品開発進む

2018.07.14
  • 印刷
強い酸味と香りが特徴の鳴門オレンジ=洲本市由良町由良

強い酸味と香りが特徴の鳴門オレンジ=洲本市由良町由良

 栽培量が激減し絶滅の危機にある兵庫県の淡路島原産の「鳴門オレンジ」に光を当て、再び島の特産として売り出すための新商品開発に取り組むワークショップが、洲本市内で開かれている。参加者は来年3月の商品化を目指す。(赤松沙和)

 鳴門オレンジは、豊かな香りを持つ厚い皮と、強い酸味とほろ苦い果汁が特徴。1970年には2800トンの生産量を誇ったが、91年のオレンジ輸入自由化後は人気が衰え、2015年には90トンまで激減した。苗木から成長して収穫できるまで10年ほどかかり、生産者の高齢化などから絶滅の危機にさらされている。