ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 凍りこんにゃく「つやの玉」 コンテストで経産大臣賞

地域発

凍りこんにゃく「つやの玉」 コンテストで経産大臣賞

2018.12.22
  • 印刷
凍りこんにゃくを前に賞状を持つ藤原尚嗣さん=多可町加美区丹治

凍りこんにゃくを前に賞状を持つ藤原尚嗣さん=多可町加美区丹治

 多可町特産の凍りこんにゃくを製造する畑中義和商店(同町加美区丹治)が販売する洗顔用の「つやの玉」が、全国の地域特産品を審査する「むらおこし特産品コンテスト」で最高賞の経済産業大臣賞を受けた。130年以上受け継がれる製法を貫く一方、パッケージを一新し、新しい販路を開拓するなど奮闘する5代目の藤原尚嗣さん(27)は「先人が大変な思いをして残してきた製法と、地元の皆さんの助言があってこそ」と感謝する。(長嶺麻子)

 1887(明治20)年創業の同社は凍りこんにゃくの製造一筋。かつては同町内などに多くの業者があったというが、今は唯一の存在となった。こんにゃくいもから1割しか取れない国産のこんにゃく粉を使用。11~3月の寒い時期、昼夜の寒暖差や良質な水を活用し、手作業で生産。無添加で安心とあって、赤ちゃんや敏感肌の人ら、全国に愛用者がいる。