ひょうご経済プラスTOP 連載一覧




  • 印刷

 -「ベンチャーがやりやすい時代」と前向きに捉える

 会社を始めるには人が必要だが、お金がないと何もできない。自分で貯金するか、親に出してもらうか、お金を持っている人から借りるか。昔は銀行は絶対、ベンチャーにお金を出してくれなかった。数百万円でも。一方、今はベンチャーがお金を調達する方法がある。ベンチャーキャピタルだ。これが一番大きい。それと同時に整備されたのが、マザーズなどのベンチャー市場。ベンチャーをやって株式を公開・上場して、お金持ちになるための社会的な制度が整備された。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。


<  1  2  3  4  5  >