ひょうご経済プラスTOP 経済 パソナグループ 就職氷河期世代300人採用へ 来春、うち200人は淡路島に配置

経済

パソナグループ 就職氷河期世代300人採用へ 来春、うち200人は淡路島に配置

2019.12.12
  • 印刷
就職氷河期世代の雇用について説明するパソナグループの南部靖之代表(中央)=東京都千代田区、東京商工会議所

就職氷河期世代の雇用について説明するパソナグループの南部靖之代表(中央)=東京都千代田区、東京商工会議所

 総合人材サービス大手のパソナグループ(東京)は12日、バブル崩壊の影響で就職難だった「就職氷河期世代」を中心に、300人を来年4月から順次、正社員として採用すると発表した。同社が展開する地方創生事業向けの雇用で、このうち200人を兵庫県淡路島での観光事業に振り向ける。

 今後3年間で30万人の雇用創出を目指す政府の氷河期世代支援施策に歩調を合わせた。淡路島の募集枠を除く100人は、同社が全国の拠点で手掛ける地方創生事業に携わる。入社から半年間、英語やIT技能、財務経理などの研修を受け、施設運営や企画管理などの職種に従事する。

 同社は2008年以降、創業者である南部靖之グループ代表の肝いりで、出身地(神戸市垂水区)の対岸にある淡路島で独立就農支援農場や廃校舎を利用したレストラン、アニメの体験型施設「ニジゲンノモリ」などを開設。採用者の6割強を配分して新規の事業展開を加速させたい考えだ。

 年齢は不問だが「氷河期世代の人を歓迎する」としており、東京都内で会見した南部代表は「年間300人の中途採用は大変なこと。今後は新卒採用を150人に半減させてでも、氷河期世代の採用枠を増やしたい」と語った。

 賞与、諸手当を含めた年収は400万~600万円。来年1月に東京、大阪で説明会を開く。同社採用室TEL03・6734・0210

(西井由比子)