ひょうご経済プラスTOP 経済 アシックスが“木”のシューズ 隈研吾氏とコラボ、限定発売

経済

アシックスが“木”のシューズ 隈研吾氏とコラボ、限定発売

2019.12.18
  • 印刷
隈研吾氏と企画したランニングシューズ。竹細工や木の風合いをイメージしている(アシックスジャパン提供)

隈研吾氏と企画したランニングシューズ。竹細工や木の風合いをイメージしている(アシックスジャパン提供)

 スポーツ用品大手のアシックス(神戸市中央区)は、2020年東京五輪・パラリンピックを前に、メインスタジアムとなる国立競技場を手がけた建築家の隈研吾氏と企画したランニングシューズ「メタライド アム」を発売する。自然と調和した建築を得意とする隈氏のアイデアを盛り込んだ。世界2020足限定。(中務庸子)

 今年2月に発売した高価格ランニングシューズ「メタライド」を基本にデザインした。甲の部分は、日本の伝統的な竹細工の技法「やたら編み」から着想を得て、テープ状の素材を交互に重ね合わせた。

 船首のように反り上がった特徴的な靴底には、木材由来の新素材「セルロースナノファイバー」を使用。無着色で木材本来の茶色を引き出し、暖かみのある風合いに仕上げた。初心者から本格ランナーまで幅広く対応し、街のおしゃれ靴としても使えそう。

 同競技場のこけら落とし前日の12月20日から、「アシックス大阪心斎橋」「アシックス大阪LINKS UMEDA」やオンラインストアで販売する。3万6千円(税別)。サイズは23~31センチで男女兼用。アシックスジャパンお客様相談室フリーダイヤル0120・068806