ひょうご経済プラスTOP 経済 スマートシューズ開発中 アシックス、年内にも発売

経済

スマートシューズ開発中 アシックス、年内にも発売

2020.01.25
  • 印刷
アシックスが開発を進めるスマートシューズ。中敷きの土踏まずあたりに走行データを計測するセンサーを埋め込む=東京都千代田区有楽町1、東京ミッドタウン日比谷BASE Q(撮影・西井由比子)

アシックスが開発を進めるスマートシューズ。中敷きの土踏まずあたりに走行データを計測するセンサーを埋め込む=東京都千代田区有楽町1、東京ミッドタウン日比谷BASE Q(撮影・西井由比子)

 スポーツ用品大手のアシックス(神戸市中央区)は24日、米・ラスベガスの電子機器見本市に出展したセンサー付きランニングシューズ「スマートシューズ」を、東京都内で報道関係者に披露した。履いて走るだけで走り方の特徴を分析し、最適なトレーニング方法などを提案する。同社は近年、ITやビッグデータを活用するデジタル分野のサービス開発に力を入れており、ランナーとの接点を増やしてファン拡大を狙う。(中務庸子)

 スマートシューズは、中敷きの中央部に小型のセンサーが組み込まれており、履いて走ると歩幅やピッチなどを自動で計測。結果を基に、独自の方法でキック力や着地の安全性などを分析する。利用者は専用のアプリを通して、スマートフォンなどで結果を確認でき、トレーニング方法、シューズの選び方などの提案も受けられる。早ければ今年中の発売を計画している。

 同社がデジタル分野を強化し始めたのは2016年。衛星利用測位システム(GPS)を使って走行距離などを記録できるアプリ「ランキーパー」を展開する米国企業を買収。投資会社アシックスベンチャーズも設立した。スマートシューズのセンサーは同社の出資先企業が手がけており、昨年から成果が表れている。

 身に着けるだけで心拍数や走行距離を測れるとして人気が高い「スマートウオッチ」の開発も進める。昨年5月「Gショック」ブランドのカシオ計算機(東京)と提携した。シューズ開発で培った知見やランキーパーで蓄積した情報などを基に計測結果を分析し、先行する他社製品との差別化を図る。年内のサービス開始を目指す。

 これらの計測・分析サービスで得た情報は今後、シューズなどの製品開発にも活用する計画だ。

 昨年11月には、北米のマラソン大会のレース登録サイト事業をカナダの企業から約30億円で買収するなど、ランナーのトータルサポートも視野に入れる。同サイトは利用者の半数以上が女性で約3割が34歳以下といい、これまで獲得できていなかった顧客層へのPRにもつながる。

 同社は「将来的には各サービスや電子商取引サイトとの連動を図り、幅広い顧客層にアプローチしていきたい」としている。