ひょうご経済プラスTOP 経済 イカナゴのくぎ煮味のポテチ 近畿で限定販売 カルビー

経済

イカナゴのくぎ煮味のポテチ 近畿で限定販売 カルビー

2020.02.04
  • 印刷
「ポテトチップス いかなごのくぎ煮味」をPRするカルビーの石辺秀規執行役員(左)と兵庫県の寺尾俊弘農政環境部長=県庁

「ポテトチップス いかなごのくぎ煮味」をPRするカルビーの石辺秀規執行役員(左)と兵庫県の寺尾俊弘農政環境部長=県庁

2月17日に発売される「ポテトチップス いかなごのくぎ煮味」=兵庫県庁

2月17日に発売される「ポテトチップス いかなごのくぎ煮味」=兵庫県庁

 カルビー(東京)は4日、瀬戸内の早春の味覚、イカナゴのくぎ煮味のポテトチップスを近畿2府4県で17日に発売すると発表した。ショウガが効いた甘辛い風味に仕上げたという。想定価格は130円前後。コンビニやスーパーなどに出荷し、商品がなくなり次第、販売を終了する。

 同社は17年から、47都道府県の名物の味をインターネットで公募。再現したポテトチップス100種以上を各地で販売する。兵庫はぼっかけ(17年)、かつめし(18年)に続く第3弾。

 くぎ煮味は、イカナゴの不漁で原料確保が難しかったが、兵庫県の協力で昨年、県漁業協同組合連合会からイカナゴを調達。くぎ煮の粉末や粉ショウガなどで味を付けた。

 この日、石辺秀規執行役員らが兵庫県庁で、寺尾俊弘・県農政環境部長に商品を贈呈。石辺氏は「地元に納得される味の再現に苦労した。消費者に海の栄養不足で漁獲が減っていることも伝えられれば」。寺尾氏は「じわりと甘いくぎ煮の味がする。郷土の味を再現してもらえた」と話した。(山路 進)