ひょうご経済プラスTOP 経済 阪神武庫川線に新車両 タイガース号と甲子園号

経済

阪神武庫川線に新車両 タイガース号と甲子園号

2020.02.21
  • 印刷
阪神タイガースをイメージさせるタイガース号の外装(阪神電気鉄道提供)

阪神タイガースをイメージさせるタイガース号の外装(阪神電気鉄道提供)

甲子園号の内装。床面にバッターボックスが描かれている(阪神電気鉄道提供)

甲子園号の内装。床面にバッターボックスが描かれている(阪神電気鉄道提供)

 阪神電気鉄道(大阪市)は21日、武庫川線に導入する2編成の車両デザインを発表した。外観が黄色と黒の「タイガース号」と、緑と白が基調の「甲子園号」。クリーム色と赤色のツートンカラーで親しまれてきた「赤胴車」の後継で、5月末から運行する予定。

 新車両は本線などで使用してきた普通用車両を改造。武庫川線が西宮市の甲子園球場や鳴尾浜球場に近く、野球にちなんだデザインにした。

 タイガース号の車内壁面は、ユニホームをイメージして縦じまに。甲子園号の外装は芝や白線をモチーフとし、車内壁面は球場外壁のれんが風、床にバッターボックスなどもあしらう。

 同線は4編成で、残る2編成のデザインなどは後日公表する。赤胴車は老朽化のため、2020年度中に運行を終える。同社は「赤胴車と同様、(新車両も)利用者らに親しんでもらえれば」としている。(三島大一郎)

兵庫の経済ニュース